元のページへ戻る >> 子どもの安全のために保護者が気を付けること

子どもの安全のために保護者が気を付けること

子どもの安全のために、保護者が普段から気をつけておくべきことはどんなことでしょうか。


 ■ 普段から子どもの行動範囲や交友関係を把握しておく


 ■ 子どもの通学路や子どもの遊び場に時々行ってみて、
   危険な場所や危険な物が無いかどうかをチェックする


 ■ 子どもの親同士のコミュニケーションを大切にする


 ■ 隣近所とのコミュニケーションを大切にする


 ■ 子どもの友達が家に来たら明るいうちに帰宅させる。
   帰りが遅くなった時は、その子を家までおくる


 ■ 子どもの遊び場付近に不審な大人がいたら警察に相談する


 ■ 子どもが行方不明になった時は警察に相談する


何かあった時に一番知りたいことは、子ども居場所ではないでしょうか。警察に通報しても、子どもの居場所を突き止めるのに時間がかかります。その点、ココセコムはGPS機能で子どもの居場所を特定。セコムの緊急対処員が現場に急行します。


子どもの防犯はココセコムでキマリです
↓ 詳しい情報はこちら ↓