元のページへ戻る >> あやしそうな車がとまっていたらどうする?

あやしそうな車がとまっていたらどうする?

怪しい車には近づかない最近の子どもの誘拐(ゆうかい)や連れ去り事件は、車を使った事件が増えてきています。

とまっている車の側を通りかかった子どもを車の中に引き込む事件、あらかじめ狙いを定めた子どもを車であとをつけ、車の中に引き込む事件などが発生しています。

このような車を使った誘拐(ゆうかい)や連れ去り事件から子どもを守るためには、どのような点に気を付けたらいいのでしょうか。


あやしい車からは離れて歩く

学校の近くや通学路の途中、公園の近くなどであやしい車を見つけたら、その車からは離れて歩きます。万が一、車から人が降りて近付いてきても、車から離れて歩いていれば逃げることが出来ます。



ガードレールの内側を歩く

背後から近付いてくる車に引き込まれる事件から身を守るためには、ガードレールの内側を歩くことが大切です。ガードレールの内側を歩いていれば、車の中に引き込むことが難しくなるからです。


子どもの防犯はココセコムでキマリです
↓ 詳しい情報はこちら ↓